2015.07.31

フェーズドアレイOLYMPUS OmniScan SXを導入。

シビルテックでは、非破壊検査での導入が進んでいる、フェーズドアレイ超音波探傷法(UT)に用いるOLYMPUS OmniScan SXを導入しました。
フェーズドアレイ超音波探傷法は超音波探傷法の一種で、複数の超音波素子と電子的に生成した時間遅延を使用し生成したビームにより、正確で高速な検査がおこなえます。このOLYMPUS OmniScan SXは電子的な方向制御・スキャン・スイーブ・フォーカスが可能で、より高速で、全データの保存、幅広い視野角度での検査が可能となります。

フェーズドアレイ技術とは、通常1つの振動子(圧電素子)で構成される超音波プローブに対し、多数の振動子により構成され、個々の振動子が超音波を送受信するタイミングを独立してコントロールし、合成された超音波面を形成することにより超音波のビームをコントロールするもので、超音波の入射角度や焦点距離を自由に変えて検査が可能で、従来の超音波探傷法では発見が難しかった狭所での作業が可能になります。また、検査結果を画像で評価・確認できるため、欠陥の位置や大きさ、形状の確認が容易で、全体像の把握も簡単におこなえます。

フェイズドアレイ

 

2015.07.31

ホームページをリニューアルしました

ホームページをリニューアルしました。

2015.05.18

コーポレートロゴ変更のお知らせ

シビルテック株式会社は、この度コーポレートロゴデザインをリニューアルいたしましたのでお知らせいたします。

150515

 

ARCHIVE 選択してください
CATEGORY 選択してください