BORESCOPE INSPECTION

ファイバーカメラ調査

通常トンネルの背面空洞調査は、電磁波レーダー法を用い広範囲の調査をおこないますが、より詳細な調査やトンネル背面の地質を調査する際に、ファイバーカメラを用いた調査をおこないます。

ファイバーカメラ調査は、既に欠損等によりコンクリート表面に穴が空いている場合は、そこからファイバーカメラを挿入し内部の状態を確認しますが、一般的には、ピンポイントで小さな穴を開けてカメラを挿入し、山肌とコンクリートの空洞の有無を動画や写真などの映像で確認します。カメラの付いた先端部分はおよそ6mmほどで細く、先端が操作により360度回転することにより、入り組んだコンクリート背面状況でも空洞の確認をすることができます。

また、ファイバーカメラ調査は、配管内の錆や汚れなどの付着物の状態を確認することもでき、水道管の腐食状態の深度を確認する際にも調査をおこないます。

この調査をシビルテックに依頼する

お電話でのお問い合わせ

  • NAGOYA OFFICE

    0568-87-6520

    受付時間 9:00〜17:00

    電話をかける
  • TOKYO OFFICE

    03-5761-5201

    受付時間 9:00〜17:00

    電話をかける

WEBからのお問い合わせ

WEBサイトからのご相談・お問い合わせ