西澤 幸秀 写真1 西澤 幸秀 写真2 西澤 幸秀 写真3
VOICE1
西澤 幸秀 平成20年入社 営業職

現在のお仕事の内容は?

現在でも調査員として時折現場に出ることもありますが、普段は営業として、新規開拓、アフターフォローなどをしつつ、お客様との打合せ、見積もり、請求書の作成などを行ってます。

シビルテックに入社したきっかけは?

前職で建設関係の仕事に従事しおり、建物を作ることに携わっていました。その仕事を通じ、多くの人に出会う中で、構造物の点検・調査を行う仕事を知り、社会インフラの維持・管理という仕事の重要性・社会的意義の大きさに興味を持ち、一念発起でシビルテックに入社しました。

この仕事で大変だったこと、やりがいを感じることは?

まだ現場に出ていた頃は、実際に現場に足を踏み入れて分かることも多く、その場での機転と経験の有無が大きく現場を左右しました。そういった現場の中で、本来2日かかる現場を1日で終わらすことができた時や、作業手順や人員の分配によりスムーズに業務が進んだ時など、内心では焦っていますが、それをポーカーフェイスで乗り切ったときにやりがいを感じますね(笑)

シビルテックはどんな会社ですか?

わずか数ミリの亀裂が大事故を招くこともあり、私たちの仕事が、社会に及ぼす影響と責任が大いため、社長の山瀬以下各自に任された仕事に関してはとても厳しい姿勢で仕事をしている会社だと思います。その分、社員同士のつながりがとても強く、仲間意識の強い会社だと思います。

今後の目標は?

現在、社歴でも自分が最も長く、責任ある仕事を任されていることもあり、今は山瀬社長とともにシビルテックを全国規模の企業にしていくため、全国各地に1社でも多くシビルテックのファンを増やしていくことです。

採用希望者へのメッセージ

構造物の検査は、人命を左右する重要な仕事であることから、厳しい指導をおこなうこともありますが、公共性の高い職務を全うする誇りと社会的意義を共有していきたいと思っています。

永井 久義 写真1 永井 久義 写真2 永井 久義 写真3
VOICE2
永井 久義 平成24年入社 技術部

現在のお仕事の内容は?

主に道路や橋梁の点検・調査を行なっています。開通前の高速道路の点検を行ったり、既設の橋梁に損傷がないか、機器を用いた調査や目視での点検を行っています。

入社したきっかけは?

前職はビルや商業施設の設計などを行なっていましたが、2008年のリーマンショックを受け、自分の将来を考えた時に、何か手に職をつけたいと思い転職をしました。
前職では新しくものをつくることに面白さを感じていましたが、ふと、作って終わりではなく、今後は老朽化が進む構造物の維持管理が重要になっていくのではないかと考えました。調べてみると、補修や補強を行うための点検・調査という仕事があることを知り、その中でもシビルテックの多岐にわたる業務内容と、インフラに関わる社会的責任感のある仕事に魅力を感じ入社しました。
当時、何も資格を持っておらず未経験という不安もありましたが、入社後に実務を経験しながら資格が取れるというところも決め手になりました。

この仕事で大変だったこと、やりがいを感じることは?

最初はお客様のニーズを把握して、目的にあった調査結果を報告するということが難しく大変でした。基本的には営業担当がお客様の要望をヒアリングし、私たち技術部が調査を行いますが、それだけではどうしてもズレが生じてしまう場合があります。お客様の要望をより明確にするために、作業を行う技術部の私たちからお客様に直接事前確認を行うなど、ご要望にお応えできるように日々努力をしています。
幅広い内容の業務を経験をして行く中で、自分の知識や技術がどんどん向上していくところがこの仕事の面白さでもあると思います。その知識や技術を活かして行う我々の仕事が、社会インフラの安全を保つための一翼を担っているという使命感がやりがいに繋がっています。

シビルテックはどんな会社ですか?
(働きやすさ、社内の雰囲気、社風、他の会社と違うと感じる点など)

普段の業務は責任も大きく大変なこともありますが、仕事も遊びも一生懸命という社長の考えもあり、社員旅行やBBQなどの親睦を深める企画もたくさん。毎年の社員旅行では、沖縄や島など海を楽しめるところに行くことが多く、リゾート気分で仕事から離れてみんなでワイワイできるのがいい息抜きになっています。
地域の納涼祭りの日には、社員の家族も一緒に、会社の屋上で花火を見ながら宴会をしたりと、家族ぐるみで社員を大切にしてくれる会社だと思います。

今後の目標は?

絶対的なリーダーシップを取れる人になることが目標です。みんなが頼れる、この人に聞けば何でもわかるというような人になりたいですね。
そのためにはもっと資格も取って、会社の内外から信頼してもらえるように努力していきたいと思っています。
自分の子供とか孫に「あの会社で働いてたんだよ。すごいだろ!」って自慢できるくらい名前が知られる会社になるよう、会社を成長させていきたいですね。

採用希望者へのメッセージ

この仕事はどんどん新しい機械が出てきたり、何年やっても一人前になれないんじゃないかと思うくらい学ぶことつきません。大変な部分でもあり難しくもあるけれど、分かるようになった時の面白さはやめられないですね。業務をしながら資格取得ができる環境もあり、どんどん新しいことにも挑戦させてくれるので、自分自身のスキルアップにもつながる職場だと思います。大変さも面白さも、共に共有できることを楽しみにしています。

萩野 真一 写真1 萩野 真一 写真2 萩野 真一 写真3
VOICE3
後藤 佑介 平成25年入社 技術部

現在のお仕事の内容は?

現在は主に、開通前の高速道路の点検、次業務として控えている国道の橋梁点検の準備をおこなっています。

シビルテックに入社したきっかけは?

以前は建設業界において、新しいものを造る仕事に携わっていました。やりがいもあり充実した日々を過ごしておりましたが、高速道路のトンネル天井板落下という社会的にも衝撃的な事故が起こり、同じ建設業界で働く身として衝撃を受けました。その頃から、これからは造るだけの時代ではなくなっていくと考えるようになり、都市のインフラを守ることを使命としているシビルテックの業務内容と社長の考えに惹かれ入社しました。

この仕事で大変だったこと、やりがいを感じることは?

現場では当然のことですが、時には夏は暑く、冬は寒い中で、更には山奥であったりと過酷な条件の中で調査しなければならないこともあります。通常ではまず踏み入ることのできない場所も多々有り、全く同じ業務というのは一つとしてありません。建設コンサルタントから依頼を頂くことが多いのですが、コンサルの方々が出来ない部分を自分たちに任せていただけるという責任感や、普段人が入れないような所に足を踏み入れて行う業務というのは、誰でもできるという仕事ではないのでとてもやりがいを感じます。現場だけでなく書類作成等も、その場で常に最良の方法を考え、スムーズに大きな業務を遂行できた時の達成感は大きいものがあります。

今後の目標は?

まずはコンクリート診断士等の資格取得が目標です。ただ、今までもいろいろな資格を取らせてもらいましたが、それだけでは経験不足と感じることも多々あります。資格取得後も多種多様な現場で経験を積み、それを生かしていけるよう精進していきたいと思います。本業と勉強との両立は大変ではありますが、資格取得のために必要な講習の費用等は会社が負担してくれるため、自分次第でいくらでも技術を習得できる環境が整っています。

採用希望者へのメッセージ

弊社はまだまだ成長途中で、また自由な社風であることから、意欲のある人であれば色んなことに挑戦させてもらえます。同僚とは本当に仲が良く、楽しく飲みに行ったりと横のつながりも強いと感じています。出張先などでは仕事以外の時間も共に過ごすことが多いので、時には仕事のことを忘れて一緒に遊びに行ったりもしています。